アルコール依存症と薄毛の関係

薄毛の対策、改善等に関しては様々な方法が提案されており、中にはアルコールの摂取を控える事も重要だとされていますが、アルコール依存症になってしまっている方の場合は状況がちょっと難しくなってしまいます。

一般的に正常と範囲の飲酒は血行促進の効果があり、気分転換の効果やストレス解消に役立つと言われており、薄毛に対してもポジティブな役割を果たすことが期待できます。


しかしながらアルコールの摂取量が度を越すと、体内のアルコール分解機構が過剰な働きを要求され、例えば毛髪の生成に必要不可欠である亜鉛が大量に消費されてしまいますし、また肝臓に過度の負担がかかると新陳代謝の機能が衰えてしまい、毛髪の生成にこれも悪影響となってしまいます。


アルコール依存症になってしまっている人の場合、アルコールの摂取を止めることが出来ないので、摂取量は非常に多くなってしまいます。

そうなると上記に挙げたような状況が体内で発生してしまい、毛髪を健康に保つ為の、また新たに毛髪を生成する為の機能が極端に弱まってしまいます。


またアルコールを過剰に摂取した際の睡眠は、通常の睡眠とは違って眠りの状態が浅く、体力や体内の回復が十分に果たされないので、日中に受けた毛髪のダメージも回復することが不可能になってしまいます。


薄毛を気にして禁酒する必要はありませんが、過度の飲酒は薄毛の原因として深刻な問題です。

サブコンテンツ

このページの先頭へ