男性で最も多い薄毛の原因

薄毛は昔から多くの男性を悩ませてきました。

最近では若年性の薄毛なども取り沙汰されていますが、依然として最も多いケースは中年期以降に進行する薄毛で、これは男性型脱毛症として専門医が活躍する分野ともなっています。


薄毛の原因は様々にありますが、脂漏性の脱毛症や皮膚炎からの脱毛症、はたまた一時的に強いストレスを感じた際に起こる脱毛症は、ケースバイケースでの対処が可能ですが、

男性型脱毛症の場合は上記のような要素が無い場合でも発生する可能性のある、厄介なものとなっています。


男性型脱毛症の原因となるのは男性ホルモンの減少によるところが非常に大きく、このホルモンの減少は加齢とともに進行する他、生活・食習慣の乱れやストレスなどでも起こることがあります。

ホルモンの減少による薄毛は、残念ながら一度抜けてしまった毛根からは毛髪の再生が難しいので劇的な回復は望めない部分があり、基本的には薄毛の進行を止めるのが治療の目的となっています。

またこの脱毛症の特徴として生え際と頭頂部からの進行が顕著なので、生え際の後退が気になる方や頭頂部が寂しくなってきたと感じる方は、この男性型脱毛症を疑うのが妥当と言えます。

加齢によるホルモンの減少には抗えないので、薄毛が気になり始めたら生活習慣を整えるとともに、ヘアケアを始めるといいかもしれません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ