栄養不足と薄毛の関係※食事にも注意し改善対策を心がける

食生活というのは人間の身体を作る、そして体力を回復させていく機能の上で、絶対に欠かすことの出来ない要素です。

食事の結果が如実に現れるのは体重の増減等が広く知られていますが、身体に関する様々な要素に食事は影響を与えるので、毛髪も例外ではありません。


薄毛対策などでも食事を中心とした改善方法が提案されていますが、薄毛に繋がってしまう食生活の多くは栄養の極端な偏りか、もしくは極端な栄養不足が見られる場合が多く、過度のダイエットなどの直後に抜け毛が急激に増加するケースなどもあります。

栄養不足になってしまうと、身体のあらゆる機能が弱まってしまいます。


中でも毛髪の関係するもので言えば、毛髪を形作る、もしくは毛髪の発毛を促す栄養素の不足や、ホルモンバランスの乱れが大きな問題です。

植物性のタンパク質は毛髪を構成する主要素となっているので、この栄養が不足してしまうと根本的に毛髪の生成を行うことが出来ません。

主には大豆などでこれらを摂取する事が可能なので、食事から薄毛の改善を狙う場合は和食を中心として、油っこいものを極力避けた食生活を送ると良いでしょう。


他にも亜鉛も毛髪に欠かせない栄養なので牡蠣などからの摂取、また毛髪に効果のある栄養の摂取に偏るのでは無く、野菜などからビタミンなども万遍なく摂取すれば、体内の発毛機構を整える事も可能です。

サブコンテンツ

このページの先頭へ