女性ホルモンと薄毛の関係は「多い、少ない」で違いがある?

女性ホルモンは女性だけでなく男性でも微妙に分泌されますが、男性の薄毛の場合は女性ホルモンよりも圧倒的に男性ホルモンの影響が大きいと言われています。

逆に言えば女性の薄毛にとって女性ホルモンは非常に重要な要素を担う物質で、加齢によって女性ホルモンが減少すると薄毛の進行が始まり、また進みやすくなるというのは、一般的にも知られていることです。


女性ホルモンと女性の薄毛の関係性は大いにあると言って間違いなく、更年期に差し掛かったり、出産直後などに薄毛が進行したり、一時的に抜け毛が増えたりするのは女性ホルモンの減少が原因となっています。

女性ホルモンが主に女性的な美の要素を司る物質なので、極端にホルモンの量が少なかったりすると髪の毛にコシやツヤが少ない状態であることが予想されます。

薄毛の進行は生来的な量というよりも、増減の相対的な結果によるところが大きいと考えられており、一度始まってしまった薄毛も女性ホルモンの分泌を促せば回復する傾向にあると言われています。

ホルモンバランスの乱れは主に体内リズムが狂ってしまった時や、また食生活が荒んでいる時に発生しやすいと言われていますので、寝不足や過度なダイエットなどが思い当たる場合は改善が必要と言えます。

また出産後にも女性ホルモンは一時的に減少しますが、これは時とともに回復しますので悩む必要は無いでしょう。

サブコンテンツ

このページの先頭へ