ヘアサイクルで抜ける本数が標準を超える場合の対処

薄毛は壮年期の男性を中心に、昔から悩みの種となってなかなか尽きることはありません。

人事だと思っているうちにいつの間にか自分も・・・という事も、考えられない事ではありません。

遺伝が原因の一要素であるという事から諦め気味な人も少なくないですが、実はヘアサイクルの不順を整える事によってまた健康的な毛髪を増やしていくことは決して不可能ではありません。


まず根本的に考え方として、毛が抜けるという事自体は決して問題となることではなく、抜け毛が生えてくる毛の数を上回っている状態になることが問題なのです。

この状態が続けば続くほど薄毛は進行してしまいますが、これはまさしくヘアサイクルが不順になっている状態で、薄毛の表面的原因の全てがヘアサイクルの不順に集約することが出来ます。

このヘアサイクルの不順は積年の要素によって発生しますが、心当たりがある場合はその要素を解決すればヘアサイクルを改善していく事が出来ます。


最も多いのは不健全な生活習慣によってヘアサイクルが狂う場合で、これは食生活や睡眠時間、また睡眠の時間帯を見直す必要があります。

またシャンプーや整髪料が体質に合っていない場合も考えられるので、その辺りの見直しも怠ること無く実践していきましょう。

もちろんストレスによる血行不良もヘアサイクルの大敵ですので、ストレスの発散はもちろんの事、頭皮の血行促進も図っていくようにしましょう。

サブコンテンツ

このページの先頭へ