遺伝は薄毛になる?ならない?と悩むよりも早期対策を!

薄毛になってしまう原因としてよく挙げられるのが、受け継いだ遺伝によるものです。

確かに遺伝的に薄毛になり易い要因はありますが、残念ながら生まれ持った遺伝子は変えること、改善することは出来ません。

薄毛が気になり始めた時に自分の遺伝を恨んでも仕方がありません。

そればかりか悩むことによってストレスが加わるので、結果的には毛髪にとっては決して望ましい事ではありません。

悩むくらいだったらまずは対処を、これはどんな薄毛対策・改善策に共通して言われることです。


ではどうやって対処をすればいいのでしょうか。


薄毛というのは抜ける毛髪の数が生えてくる毛髪の数よりも多くなることによって進行しますが、まずは抜け毛の増加を止めることと頭髪を健全な状態に戻すことを意識しましょう。

まず初めに確認すべきは頭皮の状態で、頭皮が健全な状態でなければ薄毛の進行を止めることは出来ません。

清潔に保とうとするあまりに頭皮が乾燥状態になってしまったり、炎症を起こしていまうと逆効果なので、保湿を大切にするようにしましょう。

また血行不良も毛髪の育成に悪影響を及ぼすので、お風呂の時間を大切にしたり、マッサージを行ったりして対策する必要があります。

生活習慣の改善も欠かせない要素の1つで、食生活や睡眠時間などを健康的なものにすれば、薄毛の進行も治まってくると言われています。

サブコンテンツ

このページの先頭へ