女性に発生する【FAGA】の症状と原因

FAGAとは女性男性型脱毛症の略語で、女性に発生する男性型の薄毛をこのように呼びます。

男性型の薄毛とは頭頂部と生え際に顕著に発生する薄毛で、特に劇的な改善が難しいものを指しますが、女性に発生する場合は生え際の後退はみられず、頭髪全体に薄毛が進行していくケースが多いと言われています。

加齢による薄毛はほとんどがこのFAGAだと考えて間違いありませんが、一度毛が抜けてしまった毛根からは毛髪の再生が殆ど望めないなどの事があり、専門医の活躍も著しい現代病と言えます。


戦後に激変した食生活と相まって症例が増加したことなどから、一般的には栄養バランスや生活スタイルの変化によって女性ホルモンの減少割合が大きくなった事が原因と言われています。

もちろん加齢による女性ホルモンの減少は仕方無い面もありますが、あまりにも薄毛が気になる場合には栄養バランスを見なおしたり、生活習慣を改善したりすることによって、ホルモンバランスが正常な状態に戻り、薄毛の進行が止まる事も考えられます。

もちろん専門医に診てもらうのも大切ですが、食事で言えば大豆・魚からのタンパク質の摂取や髪を健康的に保つ亜鉛の摂取などは欠かせない要素と言えます。

運動不足や過度のストレスによる血行不良もホルモン分泌の妨げになりますし、また女性特有のもので言えば過度なダイエット等も禁物と言えます。

サブコンテンツ

このページの先頭へ