薄毛になりやすい人は真面目な性格、神経質の人がなりやすい

人間の精神面と健康面の繋がりは切り離して語ることが出来ない程に深くそして根源的なものですが、それは頭髪に関しても同様に精神面の状態が頭髪の状態に反映される事が多々あります。

良く職場が変わったり、忙しさの度合いが変わったりして抜け毛が増えてしまったり、薄毛が進行してしまったりするケースは聞かれますが、このことは薄毛の進行とストレスが深く関係していることを如実に物語っています。


ストレスが増減によって抜け毛の状況や薄毛の進行状況が変わるのであれば、やはりストレスを感じやすい人の方が薄毛の度合いが高いということになります。

そういった面から考えると、真面目であったり神経質であったりする性格の方はストレスが溜まりやすいと一般的に言われているので、薄毛の人の割合も高いと言えるでしょう。


過度のストレスを感じると人間の環境適応を司る自律神経が機能不全に陥ってしまうので、血管の収縮が起こり血行不良が発生してしまいます。

この血行不良は発毛・育毛にとってかなりの大敵で、血流が悪くなることによって毛根へ必要な栄養素が運ばれなくなってしまうので、結果的に抜け毛が増えると同時に健康的な毛髪が生えなくなってしまいます。

頭皮のマッサージ等で改善を図ることも出来ますが、何よりもまず大切なのはストレスを適度に発散出来る生活を営むことでしょう。

サブコンテンツ

このページの先頭へ