抜け毛はシャンプーの成分にも問題あり※洗髪のし過ぎも薄毛の原因に

頭髪や頭皮が不衛生な状態だと抜け毛が増えてしまうのはもちろんですが、実は頭髪、頭皮を衛生に保とうとするあまりに抜け毛が増える原因となってしまうこともあります。

こういった原因によって薄毛が進行する場合に考えられるのは、シャンプーを使った洗髪のし過ぎとシャンプー自体の成分が頭皮に合っていない可能性です。


頭皮の乾燥を招く洗髪のし過ぎはよく知られていますが、シャンプーの含む成分によって薄毛が進行してしまう事はあまり知られていません。

シャンプーに含まれる成分のうち、頭皮の油を分解し泡立たせる役割を担う成分は多くのシャンプーで肌に対して刺激が強いものが使われており、この成分が頭髪や毛根にダメージを与えると言われています。

油分を分解するこの成分は非常に洗浄能力が強いのですが、その影響として頭髪や毛根自体にもダメージを与えてしまう上に、頭皮の潤いを保ち保護する役割を果たす油分までも分解してしまい、乾燥肌を招き、最悪の場合は頭皮の炎症を引き起こす原因にもなってしまいます。


現在ではこういった成分を使わないシャンプーも数多く売られていますし、また毛髪を構成する成分であるアミノ酸を主体としたシャンプーもありますので、気になる方はそちらを選ぶとよいでしょう。

シャンプーをしてもフケが出たりする方などは、もしかしたら要注意と言えるかもしれません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ