1日に抜ける髪の毛の量は人によって違うもの?

朝起きた時に枕に散らばる抜け毛や、入浴時の洗髪後に手についている抜け毛など、薄毛に悩む人・気になる人にとって抜け毛というのは毛髪が減っている事実を強烈に突きつける、非常に嫌な要素として広く知られています。

しかしながら実際は抜け毛の発生自体はとても自然な事で、むしろ抜け毛の全くない人の方が問題があるように思われるくらいです。


薄毛が気になる人や抜け毛が気になる人というのは、時として1日に抜けてしまった髪の毛の本数を数えて、場合によってはその本数をデータにしてまとめている人もいるそうですが、抜け毛は個人差というものがあるのでしょうか。

データと広く言われている本数は1日100本前後となっていますが、これはあくまでも平均化したものなので、人によっては十数本という人もいるでしょうし、数百本という単位で抜ける人もいるでしょう。

数百本という単位で抜けていたとしても、毛周期という毛髪の生え変わりの周期が正常であれば、その分の毛髪は新たに発毛してきますので、薄毛となることはありません。


ですから、薄毛に繋がる原因となるのは決して薄毛の数が人と比べて多いという事ではなく、あくまでも毛周期が乱れている事なのです。

薄毛を予防、改善するにはまずは体内環境・生活環境を整え、健康的な生活を送り毛周期を正していくことが大切なのです。

サブコンテンツ

このページの先頭へ