生活習慣の改善は薄毛、抜け毛に大切な理由と見直すべきポイント

薄毛というのはいつの間にか目立つまでに進行してしまっているケースが多いのですが、その原因の多くは実は生活習慣の乱れにあります。

薄毛の進行メカニズムの根本は、抜ける毛髪が生える毛髪の本数を上回るヘアサイクルの乱れによりますが、乱れが発生する原因はホルモンバランスの変調と血行不良などが挙げられます。


ホルモンバランスは年齢と共に変動しますが、生活習慣が不規則だったり、食生活が乱れている場合は平均よりも早い段階でホルモンバランスの変調が生じます。

これにより薄毛の進行度合いや気になり始める年齢などが大きく変わりますので、生活習慣を整えるのは非常に大切と言えます。

血行不良も主には寝不足やストレスなどによって発生しやすいので、これもやはり生活習慣の改善によって薄毛の進行を止めることに繋がると言えます。


生活習慣で大切にすべきなのは睡眠と食事で、睡眠不足や睡眠時間帯の不規則さと偏った食生活はホルモンの減少に拍車をかけてしまいます。

毛髪の健康の為に必要な栄養素は多いので、大豆などのタンパク質と亜鉛の摂取を中心として、ビタミンなども漏らさずに摂取するようにしましょう。

また実はお風呂にしっかりと入るというのも大切で、全身の血流が促されて頭皮の血行促進に繋がります。

頭皮マッサージなどをすると毛根への栄養もスムーズに行き渡るようになります。

サブコンテンツ

このページの先頭へ