シャンプーは朝より夜が効果的な本当の理由

朝シャンなどと呼ばれて、朝の寝起きにシャワーを浴びてシャンプーをするとスッキリして、何となく毛髪にも良いような気分になりがちです。

しかしながら本来的にシャンプーは夜にするものというリズムが根強くあるのには、それなりに明確な理由があるのです。


毛髪というのは基本的に夜間の眠っている間に成長しますが、その際に頭皮の毛穴が広がっています。

ですので、夜にシャンプーをしないと、日中の汚れや整髪料が広がった毛穴に入り込んでしまって、毛根にダメージを与えることになってしまいます。


朝のシャンプーの習慣が長く続くと、気付かぬ内に抜け毛が増えていたり、健康的な毛髪が育ち難い頭皮の環境になってしまいがちです。

また朝のシャンプーによって皮脂が洗い流されてしまうので、日中の外出時に紫外線から頭皮を守る皮脂が不足しがちになり、頭皮と毛根へのダメージが増してしまうデメリットもあります。

だったら朝と夜の2度シャンプーをと考えるかもしれませんが、これも必要以上に皮脂を洗い流してしまったり、またシャンプー自体の頭皮へのダメージが倍になってしまうのでオススメ出来ません。


では、寝癖などがヒドい場合にどうしたら良いのかという点ですが、寝癖直し等のスタイリング剤を使うか、もしくはシャワーを浴びるにしてもお湯で洗い流す程度にしておきましょう。

実は寝ている間の汚れというのは、お湯だけでも十分に洗い流せるのです。

サブコンテンツ

このページの先頭へ