食品添加物は薄毛に!摂りすぎは要注意です

食品添加物のリスクや危険性は昨今様々なところで取り沙汰されていますが、これは体内環境を崩してしまう契機になり得るという意味で、薄毛の原因となるリスクも孕んでいるのです。

食品添加物の登場以前と以後では薄毛の割合は大きく変わっており、食生活の変化が原因と言われてはいますが、食品添加物自体の問題も見逃せない点でしょう。


食品添加物は基本的には栄養価が全くなく、またその他の栄養素の吸収を阻害してしまう影響もあるため、薄毛対策の食生活を営む上では可能な限り除外すべき要素でしょう。

食品添加物の成分の中にはカルシウムの摂取を阻害する働きがあり、カルシウム不足によって引き起こされる細胞の不活性化や血液の不健全化は発毛に必要な栄養を毛根まで運搬する働きをストップさせてしまいます。


また亜鉛の摂取を阻む成分もあり、亜鉛は毛髪の健康を保つ主成分なので、これが不足すると抜け毛が増えてしまうのは言うまでもなく、健全な毛髪が育ちにくい環境が出来上がってしまいます。


また直接的に起こる問題としては食品添加物に対してのアレルギー反応があり、頭皮に皮膚炎やアトピーなどが発生してしまうとその部分は完全に脱毛状態になってしまう可能性があります。


インスタント食品などに多く含まれる食品添加物ですが、清涼飲料水などにも上記のような成分が含まれていることがあるので、過度な摂取には注意しましょう。

サブコンテンツ

このページの先頭へ