ストレスで薄毛になる最も多い原因

ストレスが発毛の大敵であるというのは広く知られている事ですが、具体的にどういったメカニズムによってストレスが薄毛の原因となるのでしょうか。

精神的な疲労の根幹となるストレスは、一見すると抜け毛と発毛不良によって進行する薄毛のような身体機能のトラブルと繋がりが見えにくいのですが、ストレスによって身体に発生する変化を把握すると、何故ストレスが薄毛の原因になるのかが非常に分かりやすくなります。


最もストレスによる薄毛で多いパターンとして挙げられるのは、ストレスによって自律神経の失調が引き起こされている場合です。

自律神経の失調によって身体の至る所の血管の収縮の制御が効かなくなり、血行不良やそれに準ずる状態が発生する割合が高くなります。

これは頭皮に関しても例外ではなく、頭皮の血行不良によって毛根に必要な栄養素が供給されなくなってしまい、結果的に抜け毛が増え、またそれを補填する発毛も不順となるために薄毛が発生します。


またこの自律神経の失調によって不眠が引き起こされて、発毛に必要なホルモンの分泌時間が削られてしまっている場合や、極度の多汗や逆に汗が分泌されなくなってしまうことも自律神経の失調では考えられるので、やはり毛髪にはネガティブな要素となってしまいます。


薄毛によって悩む事によりストレスに繋がっている場合というのが、実は非常に多い事例となっているので、まずは悩まずに前向きな対処を考える事を、そして必ずストレスの発散に取り組むことを忘れないようにしましょう。

サブコンテンツ

このページの先頭へ