ストレスがかからない運動、有酸素運動を取り入れ薄毛対策

ウォーキング

運動不足というのは今や現代病とも言えるべき状況で、データによっては成人の75%が運動不足を実感しているとの結果もあります。

デスクワークの比重が増えるに連れて顕著になってくるのが肩コリなどですが、これは端的に言えば血行不良が原因となっています。

この血行不良は血管から栄養を運んでもらっている毛髪にとっても致命的な状態で、実際に血行不良によって薄毛が進行するケースも少なくありません。

しかしながら気合を入れて運動を始めても疲労が溜まる一方で、場合によってはそれがストレスになってしまうこともあります。

そういった場合は早急に運動の質と強度を見直す必要があります。

例えば筋トレなどの無酸素運動は非常に負担が大きく、また長い時間運動を続けることも不可能です。

血行不良解消に非常に有効なウォーキング運動などの有酸素運動は、長時間続けることが可能であり、また強度も自分で調節出来るために、運動不足の人でも手軽に始められるものとしてオススメです。

また運動などによって身体が温まってくる感覚、ひいては血流の正常化は脂肪燃焼によって発生するものですが、これは有酸素運動ならば20分間以上の運動した場合に起こります。

最近の実験結果では、決して20分間連続して運動する必要は無く、1日の延べ運動時間が20分以上であれば同等の効果が得られるという事が分かりました。

通勤の一部を徒歩にするなどでも、手軽に血行不良解消が可能になるというわけです。

サブコンテンツ

このページの先頭へ