睡眠時間と薄毛・抜け毛の関係

薄毛になる原因は色々とあって、遺伝が原因となるという事もあって残念ながら諦め気味の人もいるのではないでしょうか?

しかしながら、遺伝が薄毛の原因の全てではありませんし、他の薄毛の原因を続けていると、いつかきっとハゲてしまいます。

昨今、薄毛を防ぐために注目されているのが、最も基本的な改善策で睡眠時間の修正よって発毛を促す方法で、単純ながらも人体のメカニズムに即した方法として効果をあげています。


効果抜群の改善策とは言えど、難しい方法では決してありません。

睡眠時間と薄毛・抜け毛の関係性のメカニズムを解明していけば、単純かつ効果的な予防策、改善策を実施できるのです。

まず最も根本的な事として言えるのは毛髪が1日のうちで最も成長するタイミングで、これは睡眠時間中の主に深い睡眠に入っている時間となっています。

この時間帯が毛髪の成長ホルモンが分泌される時間帯となっているので、しっかりと身体を休めるべき時間帯に睡眠をたっぷりとれれば、薄毛の進行は食い止められるということになります。


しかしながら睡眠のリズムがバラバラになってしまうと、せっかくの育毛のタイミングが失われてしまうことになります。

人間の身体はリズムを自律的に作り出し、そのリズムに従って生活しようと体内器官の活動を操作しています。

ですので不規則な生活や睡眠時間がバラバラだと、毛髪の成長も阻まれてしまいます。

サブコンテンツ

このページの先頭へ