低体温の薄毛を食事で改善する方法

基礎体温が低かったり、寒さに弱かったりして薄毛へと繋がってしまう人、実は少なくないんです。

ストレスによる体温調整の機能の低下も低体温になりやすい原因で、心因性の問題で薄毛になるという場合でも物理的な問題は低体温にあったりするケースが多々有ります。

体温が低くなってしまうと、血流が滞りがちになったり血管が収縮してしまうので、全身への栄養の運搬を担当する血液の働きが衰えてしまい、毛根等の発毛に直接関わる器官の働きが弱ってしまいます。


血行促進のマッサージ等での対処策も考えられますが、やはり根本的な薄毛の解決には低体温を克服するのが手っ取り早く、そして確実かつ長続きする方法と言えます。

低体温が原因にある薄毛の改善の為の食生活では、冷え性などに悩まされる女性の向けの食生活などを参考にするのが近道になるかと思われます。


一般的によく言われている生姜などはやはり効果が高く、特に乾燥したものですと身体の芯から温める効果が高いと言われています。

また栄養素として大切なのはタンパク質と亜鉛で、タンパク質は熱を発するエネルギーに、亜鉛はその熱の効率を手助けする効果があります。


植物性のタンパク質と亜鉛は毛髪自体の主成分と発毛効果の根本要素にもなりますので、身体を暖めるとともに発毛自体の促進にも非常に効果が高くなっているので優先的な摂取を心がけましょう。

サブコンテンツ

このページの先頭へ