頭頂部が薄いのは改善可能か?原因と対策【男性編】

男性の薄毛に悩まされている方の特徴として多いのが、生え際の後退と頭頂部の薄毛です。

これはまさに男性型脱毛症の症状で、中年期に差し掛かった男性の薄毛の殆どはこのケースの脱毛症であると言えます。

頭頂部の薄毛は男性型脱毛症の特徴的な症状としてよく知られていますし、また見た目にも目立つ部位なので可能な限り改善をしていきたいものです。

原因として考えられているのは男性ホルモンの現象と血行不良等の頭皮トラブルです。


対策としては以上の要素を解決すれば良いのですが、男性型脱毛症の特徴として一度抜けた毛根は再生が望めないので、現状を維持する対策を取るのが妥当と言えるでしょう。

まずは男性ホルモンの現象ですが、加齢による現象はある程度仕方がないものとして受け止め、体内環境を健康にし、生活リズムを律することに努めましょう。

この処置に寄って過度な減少は防げますし、またストレス等も溜まりづらくなるので毛髪には良いことづくめと言えます。

次に頭皮のトラブルですがまずは炎症等が無いことを確認し、問題が無ければ血行促進を促し毛根への栄養供給を改善していきましょう。

摂取すべき栄養は多岐に渡っていますのでバランスの良い食事を心がけるのが大切ですが、大豆等の自然タンパク質や牡蠣などに含まれる亜鉛は毛髪の生成そのものに必要なので、積極的に摂取すると良いかもしれません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ