正常な頭皮の色と悪い色について

普段頭皮の色を確認することは殆ど出来ませんが、例えば美容外科クリニックで薄毛治療を取り扱っているクリニックや、薄毛專門サロンなどでマイクロスコープを使って、頭皮の確認をしてもらう事が可能です。

頭皮の色には人それぞれ個人差があるようにも思えますが、大まかな色合いは決まっており、その色によって頭皮の健康的をチェックすることが可能です。


頭皮の色として健康な状態を示しているのが、青白く若干透明がかった色合いで、これは血行が良好な為にこの色合いになります。

これが赤みがかった色になってくると、炎症の疑いなどが強くなり、長時間外にいることがある場合は、紫外線による軽度の火傷、またシャンプー等の化学製品の使用後に顕著な場合は、皮膚がダメージを受けて炎症を起こしている可能性が考えられます。


その他にも色合いはあり、オレンジの場合は血行不良で頭皮・毛根への栄養の供給が十分でなく、ピンクの場合は血行不良やもしくは乾燥状態である可能性が考えられます。


中でも最も注意すべきと言える色合いが黄色で、多忙や睡眠不足などによって極度のストレスが溜まっており、全身の緊張状態や血行不良のサインと言えます。

頭皮の代謝が正常な循環で回っていない可能性や、もしくは種々のアレルギー反応やアトピーなどの慢性的な皮膚炎症の可能性も考えられます。

サブコンテンツ

このページの先頭へ