薄毛になりやすい人はどんなタイプ?

薄毛の原因というのは、最も代表的なものでいうと遺伝の関係が大きいと言われていますが、遺伝的に薄毛になり易い人は全てが薄毛になり、そうでない人は全てがそうでない、というわけでは決してありません。

そこから明らかになるのは、遺伝以外の原因も薄毛と密接に関係しているということです。

まず最も簡単に想像し易いものが、ストレスによって薄毛が発生するパターンです。

過度のストレスによって毛髪の生え変わりの周期に狂いが発生し、脱毛が進み薄毛になってしまうのがストレスによる薄毛のパターンで、現在最も一般的に語られやすい原因の1つとなっています。

また昔と比べて急激に増えているのが食生活が原因となり薄毛になってしまうパターンで、本人は気付かぬ内に薄毛が進行している場合が少なくないので注意が必要です。

動物性の油分の摂取が極端に多くなったりすると体内での分解が進まず、頭皮に油分が出てきてしまい毛根にダメージを与えるようになってしまいます。

また動物性の油分だけでなく、アルコールや栄養素の偏りなどによっても頭皮にダメージが加わるので、飲酒が恒常化している人などは気を付けるべきかもしれません。

また意外と見落とされがちなのが、ワックスなどの整髪剤の洗い残しなどが原因の薄毛で、若年性の薄毛などもこの要因が大きい場合があります。

サブコンテンツ

このページの先頭へ